LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 20/09/04

テレワークの時!親も子供も集中できる家づくり

繝・Ξ繝ッ繝シ繧ッ繝輔y繝ュ繧ッ繧吝・逵溷€呵」彌繧オ繝輔ytori-D01-1

—— インテリアコーディネーター 森山ゆか

 

 仕事にも勉強にも「快適な家」とは?

ほんの1年前までは、誰もが考えもしなかった生活環境に適応していかなくてはならない時代になりました。

多くの企業がテレワークに切り替え、子供達は学校や幼稚園・保育園に行けなくなり、日中から親と子供が一緒に過ごすことが日常となりました。

そのため、リモート会議で家族の様子や室内が写ってしまうなど、ワーキングスペースを確保する大変さを感じた方が多かったのではないでしょうか。

テレワーク時代にあって、仕事とプライベート空間をどう共存させ、具体的にどのように快適な場をつくっていけばよいのでしょうか。

ポイントは次の2点にあります。

・ワーキングスペースの確保

・家族共有の空間と個別空間を作る

主にこの2点についてインテリアコーディネートの観点から、新しいトビラを開ける方法を見つけていきたいと思います。

 今あるスペースで「仕事の場を複数」確保する

仕事とプライベート空間を共存される方法は、今あるスペースを工夫してワーキングスペースを確保することに尽きると思います。

そしてもう1点、できれば仕事の場を2,3箇所確保しておくのがおすすめです。

いつも固定した場所で仕事をするのではなく、時間帯によって家族が使わない場所をうまく利用します。

決まった人が決まったように使うのではなく、状況に応じて活用するという柔軟な考え方です。

 ダイニングスペースは、共有と個別を兼ねた場所

仕事の場所が決まったら、リモート会議はここで、資料作りはこちらでというように仕事内容を振り分けます。

使い分けることでメリハリがついて気分転換になり、仕事が効率的に運びそうです。

個々の場所の近くに、その仕事に必要な物を揃えて保管しておけば、移動してもスムーズに仕事に取り掛かれます。

こうした方法はシェアオフィスでも使われています。

ここ10年ほどで定着してきたシェアオフィスは、一般的に個室ブースと共用ラウンジがあります。

この考え方を家庭のダイニングスペースに引用すると、家族が集まる時間帯では共有空間、そうでない時は個別空間となり、個別と共有を兼ねた場となります。

 ●あると便利!一瞬で片付く専用BOX!

ダイニングスペースは作業がPCだけで済む仕事、あるいはいつでもさっと片付けられる仕事場として使うのがおすすめです。

その際、おすすめしたいのが専用BOXです。

さっと仕舞えるBOXを1つ用意すると一瞬で片付き、仕事場は家族みんなが使えるスペースに早変わりです。

 勉強する子供と肩を並べて仕事する

在宅ワーク親子

子供の勉強の時間帯を考えて、仕事の場所をスケジューリングすることも大切なポイントです。

子供が勉強する時間帯は、そばで勉強を見てあげられる場所に仕事をもっていくとどうでしょう。楽しくなると思いませんか?

肩を並べて仕事をすると、子供がどんな問題に取り組んでいるのか知ることができ、今までとは違った家族の形やつながりも作っていけそうです。

●子供も自分専用のBOXを持つ

お子さんもダイニングスペースに専用BOXを持ち、ここに勉強道具を入れておくと、いつでもすぐに勉強を始めることできます。片付けも簡単です。

 自由な発想で「場所」を作り出す

テレワーク

固定観念を捨てると、家の中で利用できる場所はあちこちにあります。

また、狭い部屋でも、隅に小さな机をプラスするだけで別の「空間」が生まれます。

●子供の学習机

子供がいない時の学習机は、親が仕事の個別空間として使うのもおすすめです。

●リビングや寝室に小さなデスク

リビングや寝室に小さなPCデスクを追加するのもよい方法です。

スペースの確保が難しい場合は、折りたためる机にするとよいでしょう。

合わせてチェアを一つ用意すると、そこに座るだけで仕事モードになります。

テレワークによって、住宅は暮らしや家族の在り方においても新しい時代を迎えたとも言えます。

家族に優しい工夫をすることで、これまでになかった新しいコミュニケーションも生まれそうです。

「快適で便利な空間」は家族の数だけ。試行錯誤も楽しみながら、それぞれに合ったスタイルを見つけていきましょう。

 

(プロフィール)森山ゆか  もりやまゆか

インテリアコーディネーター。料理研究家、フードスタイリストとしても活躍。幼い頃からインテリアと料理に興味を持ち、これまでに収集したお皿は1000枚超。撮影で使用する食器を含め多くの調理用品、日用品、子供のもの、また趣味のアイシングの作品や旅行用品など、全てを自宅に収納。使いやすく美しい収納術は独創的で効率的、かつ実用的。友人知人とのホームパーティなど、様々なシーンで使える時短・簡単レシピをメインにした料理教室を主催、人気を呼んでいる。SNSでも美しい時短おもてなし料理とともに収納アドバイスも発信中。

https://www.instagram.com/moryyuka/?hl=ja

 

 

ページの一番上へ