LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 20/07/29

おうち時間を快適に!ストレスフリーの片づけ・収納術

3174504_s

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、多くの人がこれまでにないほど長い時間を家で過ごすようになりました。

そんななか、部屋の使い勝手の悪さやモノの多さに気づき、何とか改善したいと思う人が増えています。

今回は、すっきり快適な部屋にするための片づけと収納のコツをご紹介します。

片づけとストレスの関係は?

「あなたにとって、住まいとはどんな場所ですか?」と尋ねると、多くの人から「リラックスする場所」「疲れを癒す場所」などの答えが返ってきます。

しかし、住まいが散らかっていたりモノが雑然と置かれていたりすると、十分にその役割を果たすことができません。

それには3つの理由があります。

・雑然とした部屋の景色は、思っている以上に人の気持ちを乱す

・必要なものを探すのに時間がかかり、イライラする

・「片づけができていない」という罪悪感をもちやすい

集約すると、快適な部屋のポイントは「見た目すっきり」と「モノが探しやすい」の2点にあると言えます。

色をそろえて、すっきりおしゃれに

同じ空間の中に多くの色が混在していると、気が休まりにくくなります。

できるところから、収納グッズや家具、家電、小物などの色をそろえてみましょう。

それだけで、見違えるようにすっきりとおしゃれに見えます。

色を選ぶ際は、白や淡い色にすると部屋が広く明るく見えます。

ラベリングで探す手間を省く

「探している時に限って見つからない」なんてイライラしたことはありませんか?

ほしい時にすぐ取り出せるようにするには、①モノの収納場所を決め、②そのことを家族全員で共有することが大切です。

とはいえ、すべての収納場所を覚えていられるものではありません。

そこで、収納の際に同時にやっておきたいのが、そこに何が入っているかを書いておく「ラベリング」です。

少し手間がかかりますが、これでモノのありかが一目でわかり、探すストレスから解放されます。

●文字だけでなく、イラストでもOK

小さな子どもさんがいる場合は、イラストでラベリングするとわかりやすいのでおすすめです。

絵に自信がないという人は、インターネットの無料イラストから好みのものを選んでプリントして貼ってもOKです。

収納は詰め込まず、ゆったりと

探しやすい状態を保つには、収納にゆとりをもたせることがポイントです。

ぎっしりと詰め込むと、さっと取り出して元に戻すことができず、ストレスになってしまいます。

また、モノが増えた時には、しまう場所がなくなります。

常に2割程度の空きを作っておく。それが片づけ長続きの秘訣です。

新型コロナウイルスの収束はまだ見えませんが、テレワークやWEBを通じた在宅でのコミュニケーションはこれからも増えていきそうです。

快適なおうち時間のために、片づけを見直してみてはいかがでしょうか?

ページの一番上へ