LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 19/08/02

こんなにある!「団信」オプションいろいろ

4fcbd9005cea8de92b4ee439d0a36ade_s

住宅ローン返済中、万一、契約者が死亡したり高度障害を負ってしまったら?

そんな時に、生命保険会社が残りのローンを返済してくれるのが住宅専用の保険制度「団信(団体信用生命保険)です。

しかし、ローンが支払えなくなる事態は、死亡や高度障害ばかりではありません。

団信には、将来起こり得るリスクに備えた多様なオプションが用意されています。今回は、バラエティに富んだ団信の特約についてお話しします。

病気やケガ、自然災害までカバーしてくれる団信の特約

疾病特約には、がん・脳卒中・急性心筋梗塞に加え、高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎が保障される特約があります。

◇がん

がんの場合、確定診断された時点で団信から保険金が下り、住宅ローンが全額(半額の特約もあり)完済されます。

◇脳卒中・心筋梗塞

脳卒中や心筋梗塞では、所定の状態が60日以上継続した場合などに住宅ローンが完済、または、一定期間住宅ローンを保険会社が負担してくれます。また要介護2以上に認定されるとローンが完済される介護保障特約があります。

◇高血圧症・糖尿病・慢性腎不全など

高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎の場合は、就業が出来なくなると一定期間は月々の返済額が補填、さらに1年を超えると住宅ローンが完済されます(就業不能保障特約)。

◇その他の特約

これらの他にも、病気だけでなくケガによる就業不能を保障してくれる「全疾病就業不能保障特約」もあります。

がん単独の場合は「がん特約」、がん・脳卒中・急性心筋梗塞なら「三大疾病特約」、その他五大疾病を含めば「八大疾病特約」となり、介護保障や就業不能保障がそこに加わります。

また、疾病ではありませんが、自然災害によって住居が全壊・大規模半壊した場合に、ローン返済を最大で24回まで免除する「自然災害補償」という新たな特約も出始めています。

特約はつけたほうが良い?

団信に加入する場合、無料(ローンへの上乗せ金利なし)の特約付きがお得です。

有料(上乗せ金利あり)の特約を検討するなら、金利を上乗せした時にどのくらい支払い額が増えるのかを計算しましょう。

また、検討する際に大事なことは、すでに加入している医療保険や所得保障保険などの保険料や保証内容を見直すことです。

ひと口に「疾病保障特約」と言っても、住宅ローンによって保障内容は実に様々です。保障内容や適用条件は必ず確認し、自身の加入保険との重複がないかを調べます。

特約の保障部分を保険で補えるなら、敢えて特約を付ける必要はないでしょう。費用負担を増やしてまでも、その保障を付けることが本当に必要かどうか。

特約は、途中から付けたり、特約だけを途中解約することはできませんので、慎重に検討することが必要です(住宅ローンを借り換える場合は、団信も再加入することになるので特約の変更は可能)。

団信はあくまで住宅ローン用の保険ですので、住宅ローンの返済が進めば支払われる保険金額は減り、完済と同時に保障も終了します。

特約を付けるかどうかは、月々の返済額や自身のライフプランも見通しつつ、具体的な数字で計算し、賢く比較・検討しましょう。

ページの一番上へ