LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 18/10/22

快適な中古マンションを選ぶためのチェックリスト

50ca9e168399ac0e07863cc31517dc77_s

管理のチェックが大切な理由

中古マンションは、築年数が同じでも劣化具合や雰囲気に大きな差が出ることがあります。その最大の理由は管理状態の良し悪しにあります。

マンションは一つ屋根の下に他人同士が多数同居しているようなものなので、皆が快適に暮らせるように、住人全員でルール=管理規約を決めています。日々の清掃や小修繕、十数年ごとの大規模修繕、管理費の徴収などは、この管理規約に基づいて行われています。

そうした積み重ねが、建物の劣化を食い止め、住む場としても良い雰囲気を作っているのです。管理が行き届いているということは、住人同士がコミュニケーションをとりあって管理規約をきちんと実行に移していることの表われと言えます。

「マンションは管理を買え」と言われるのはそのためであり、中古マンション選びには管理状態のチェックが必須と言えます。

●安心・安全性、リフォームのしやすさをチェック

一方、管理面以外の点では耐震性や防音性などの安心・安全性、またリフォームのしやすさなど将来のことも視野に入れてのチェックが大切です。

今回は中古マンション選びのポイントをチェックリスト風にご紹介します。内見の時や不動産会社に相談する際に、お役立てください。

<中古マンションのチェックポイント>

無題

内見でチェックできないことは、不動産会社に依頼

管理規約の内容や売主の管理費・修繕積立金の滞納状況など、内見ではチェックできないこともあります。それらは、不動産会社を通じて確認してもらうとスムーズにできます。

管理規約で制限されていることも少なくありません。建物の構造や他の住人への影響に配慮し、リフォームやペットの飼育、楽器の演奏など、一定のルールを設けているところもあります。

リフォームなら可能な範囲、ペットなら飼える種類・頭数など、制限のある場合も少なくありません。購入してから「こんなはずではなかった」と後悔しないようにしましょう。

ページの一番上へ