LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 18/10/02

「安心R住宅」って、どんな制度?

561bcf601fe08bf8b5d8806b81d40b3c_s

目指すは「安心」「きれい」「わかりやすい」中古住宅

今、日本の住宅政策は大きな転換期にあります。少子高齢化・人口減少、空き家増加などが社会問題となるなか、戦後以降、長く続いてきた「新築重視」から「住宅ストックの活用促進」へと変わりつつあります。

そこで不可欠とされているのが、中古住宅市場流通の活性化です。

国が目指しているのは、欧米のように、築年数に左右されることなく品質の良い住宅が市場に流通し、中古住宅をマイホームとして購入することが当たり前になる社会です。しかし、現状では国の方針と住宅購入ニーズには、まだまだギャップがあります。

中古住宅の購入を検討する際、「この家を選んで大丈夫だろうか?」と不安を感じたり、迷ったりする人は少なくないでしょう。理由は、次の3つに集約できます。

①「不安」:雨漏り、床の傾き、腐食、耐震性などの品質は大丈夫か。

②「汚い」:内装・外壁などが汚れているし、設備が旧式で古くなっている。

③「わからない」:納得するまで十分検討したくても、判断材料となる情報が少ない。

そんな不安を解消し、「安心」「きれい」「わかりやすい」中古住宅の流通を目指して、新しい国の制度「安心R住宅」が誕生しました(2018年4月1日。正式名称:特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)。

「安心 R 住宅」の「R」は、Reuse(リユース、再利用)、Reform(リフォーム、改装)、Renovation (リノベーション、改修)を意味しています。

制度の仕組みとしては、一定の要件を満たした中古住の広告に対して、全国6つの事業者団体を通じて「安心R住宅」のロゴマークが付与されます。

マークには、事業者団体の名称を併記することになっています。

R

「安心R住宅」を探すには?

「安心R住宅」制度はスタートして日が浅く、普及はこれからというのが現状です。「安心R住宅」のマークがついた住宅を探したいときは、不動産ポータルサイト利用の際に、フリーワード欄に「安心R住宅」と入力して検索してみてください。

また、全国に6つある事業者団体(特定既存住宅情報提供事業者団体)にアクセスして調べる方法もあります。事業者団体の連絡先は国土交通省の「安心R住宅」サイトに掲載されています。

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000038.html

ページの一番上へ