LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 18/08/10

携帯電話のうっかり滞納もローン審査に影響する?

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

回答者:ファイナンシャル・プランナー 北見久美子

<質問内容>

住宅ローン審査では、過去に公共料金やクレジットカードの返済で滞納があると、不利になると聞きました。私は数年前、携帯電話の料金を1カ月延滞したことがあります。審査に影響するでしょうか?(東京都練馬区 35歳 会社員)

回答:携帯電話の端末代金を分割払いで購入した人が料金を延滞した場合、支払い後5年間は信用情報として記録が残り、住宅ローン審査の資料となります。融資への影響はケースバイケースで、延滞の回数や期間などにより異なります。

滞納の情報は5年間、記録に残る

スマートフォンなど携帯電話の端末代金は、機能が進化するにつれてどんどん高額になってきました。そのため、多くの人が分割して毎月の通話料などと一緒にクレジットカードで支払っています。

端末を分割払いで購入する際、店頭では必ず「個別信用購入あっせん契約申込書」に記入を求められます。その書類には、次のように書かれています。気をつけたい部分にアンダーラインを引いておきます。

①支払延滞情報は完済から5年間は、指定信用情報機関に記録が残ります。

②指定信用情報機関に登録された情報は、信用情報機関に加盟する他の事業者が審査に使用します。そのため、支払い延滞情報があると、他のクレジット契約(携帯電話などの分割払い、クレジットカードの作成、ローン契約など)ができなくなる場合があります。

上記①の「信用情報機関」とは、全国の銀行をはじめ信販会社、消費者金融、保証会社などが会員となって作っている機関です。

つまり、携帯電話料金を延滞(滞納)すると、支払った後もその履歴が5年間残り、住宅ローンの審査の参考にされるということです。「ついうっかり」「1度だけ」の延滞であっても、例外とはなりません。

自分の信用情報を調べることができる

携帯電話料金に限らず、クレジットカードで公共料金や買い物代金の支払いをしている場合も同様で、延滞すると記録に残ります。

それらが住宅ローン審査にどの程度影響を及ぼすかは、延滞の回数や期間をふまえて、それぞれの金融機関が判断することとなります。

ご質問者は数年前に1度だけ滞納したとのことですから、支払いから5年以上経過していれば、すでに記録から抹消されている可能性もあります。心配な場合は、確認してみてはいかがでしょうか。

ご自分の信用情報は、下記3つの指定信用情報機関に照会すれば開示してもらうことができます。互いの機関は悪質な延滞者(いわゆるブラックリスト)の情報は共有していますが、それ以外の全ての情報を知るには3カ所に照会する必要があります。

手数料(500円~1000円)がかかりますが、不安を抱えたまま住宅ローンに申し込むよりは、事前に知っておくとよいでしょう。

照会可能な「指定信用情報機関」

機関の名称  会員 開示方法
全国銀行個人信用情報センター(KSC)
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
銀行
銀行系カード会社
郵送
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
http://www.cic.co.jp/
クレジットカード会社
信販会社
窓口、郵送、インターネット、携帯電話
日本信用情報機構
http://www.jicc.co.jp
消費者金融
信販会社
窓口、郵送、携帯電話

(プロフィール)北見久美子 きたみ・くみこ 

CFP(ファイナンシャル・プランナー)&消費生活アドバイザー。個人相談数千件の経験を生かし、「ライフプランに生かすお金の活用法」など、全国各地で住まいに関する講演を行っている。雑誌などでも連載多数。主な著書に『親のお金の守り方』『助成金がわかる本』『50歳からのお金のきほん』などがある。日本FP協会会員。

ページの一番上へ