LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 17/10/23

家を探す前に整理しておきたいこと

75ffd15607f5fdb009ddcf4fb55dd051_s

家を探す前に整理しておきたいこと

家を探そうと不動産会社に行く前に、次の事項を整理しておくと、不動産会社にしっかり要望を伝えられ、効率よく家探しができます。

①希望のエリア

②間取り

③予算の範囲

④家族構成

⑤転居(引渡し)の希望時期

⑥その他ゆずれないこだわり

これらの情報を優先順位をつけて整理しておきましょう。

また、住宅ローンを組む予定の人は、上記に加え

⑦収入証明書に記載された金額

⑧勤務先の業種と勤続年数

を伝えると、借入限度額や資金計画について、より具体的なアドバイスを受けることができます。

よい不動産会社を選ぼう

要望が整理できたら、次は不動産会社選びです。

不動産会社は、レインズと言われる業界のデータベースで情報を共有している為、不動産会社に依らず、どの物件でも紹介が可能です。

だからといって「どこへ行っても結果は同じ」かというと、そうではありません。よい物件が見つかるかどうかは、営業マンの質に左右されます。

よい営業マンとは?

ではよい営業マンは何で判断をすべきでしょうか?

簡単に言うと、エリアの不動産事情に精通し、あなたの要望を尊重し、物件のメリット、デメリットを明確に語ってくれる営業マンのことです。

たとえば、「条件をもう少し広げるとこうなります」「この物件は●●なところがよくないです」など積極的に情報を提供してくれるのがよい営業マンと言えるでしょう。

また、営業マンの質は会社の規模では判断できません。

規模が小さくても、地場に密着している不動産会社の方が地域の情報に詳しく、メリット、デメリットを話てくれることも多いのです。

実際に何件か不動産会社を回ってみて判断することが大切です。

ページの一番上へ