LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 17/10/16

土地の自然災害リスクを調べる方法。

032b747959703e0dd57cea30c5630685_s

回答者:ファイナンシャル・プランナー 北見久美子

<質問内容>

気に入ったマンションを見つけました。妻が「地震や水害に強い土地かが気になる」と二の足を踏んでいます。そういうことを調べられるサービスを教えてください。(茨城県つくば市 35歳 会社員/妻36歳 会社員)

<回答>

地盤調査会社による「土地情報提供サービス」を利用すると、地震や豪雨災害のリスクを客観的に知ることができます。

土地のリスクを知れば対策がとれる

家を購入しようとする際、その土地の自然災害リスクが気になるのではないでしょうか?

一口に自然災害と言っても地震、水害、土砂災害など多岐にわたるため、自分で調べるにはかなり手間がかかります。

最近では、購入する土地の、様々な自然災害リスクをまとめて調べるサイトがあります。

ジャパンホームシールド 地盤サポートマップ

では、実際にどんなことが調べられるのか、調査内容についてご紹介しましょう。

地盤サポートマップでわかること

土地情報提供サービスでは、その土地の現在の姿だけでなく、古い地図や過去の航空写真などをもとに調査を行い、かつては川があったなど土地の履歴を知ることができます。

詳細は会社により異なる場合もありますが、おおむね次のような情報を知ることができます。

・土地の成り立ち(履歴)

・地形や地盤の状況

・地震の時の揺れやすさ、地震発生の確率

・液状化のリスク

・河川の氾濫や浸水、土砂災害の可能性や被害程度

・近くの避難施設に関する情報

調査終了後、これらの内容について具体的なデータを盛り込んだ調査レポートを受け取ることができます。

また、総合的にその土地がどのような特性を持っているのかについて解説してもらうことができます。

戸建、マンションかにかかわらず、土地についての正確な情報を知ることは、購入の判断や入居後のリスク対策に不可欠です。

不動産会社のなかには、地盤調査会社と提携して土地情報提供サービスを提供しているところもありますので、気になる人は一度相談してみるとよいでしょう。

(プロフィール)

北見久美子 きたみ・くみこ

CFP(ファイナンシャル・プランナー)&消費生活アドバイザー。個人相談数千件の経験を生かし、「ライフプランに生かすお金の活用法」など、全国各地で住まいに関する講演を行っている。雑誌などでも連載多数。主な著書に『親のお金の守り方』『助成金がわかる本』『50歳からのお金のきほん』などがある。日本FP協会会員。

ページの一番上へ