LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 17/09/25

中古マンション・リフォーム金額の目安

b971122478417983c30073a279b0a211_s

回答者:ファイナンシャル・プランナー 北見久美子

<質問内容>

中古マンションの購入を検討しています。予算内に収めるリフォームプランニングのコツを教えてください。(千葉県市川市 35歳 会社員/妻32歳 会社員)

<回答>

まず、予算に沿って、リフォームしたい箇所・内容の優先順位をつけましょう。入居前に一気に行うのでなく、住みながらバージョンアップしていくことも可能です。

 

支障なく住むためのリフォーム予算は100万~350万円

築年数が古い物件でも、定期的にメンテナンスが行われてきたものなら、住宅として十分活用できます。利便性のよいエリアで購入し、思い通りのリフォームができることは、中古マンション購入の大きな魅力の一つです。

いろいろなリフォームが可能ですが、予算内で優先順位をつけて考えていくとよいでしょう。古くなった設備などの改善が目的の場合、一般的には諸費用も含めた購入資金、引っ越し費用、新たに購入する家電や家具代を除いて、100万~350万円あれば支障なく住めるリフォームが可能でしょう。

リフォーム資金を借り入れたい場合は、住宅ローンとリフォームローンが一体になったものもありますので、検討してみるとよいでしょう。

水廻りのリフォーム金額の目安

中古住宅のリフォームで多いのは、お風呂、トイレ、キッチンなどの水回りです。費用はユニットバス80万~150万円、トイレ20万~50万円、キッチン50万~150万円を目安にするとよいでしょう。

全部取り換える必要がない場合は、ハウスクリーニングを依頼したり、数万円でできるサービスもありますので、予算を抑えたいときはおすすめです。

壁クロス貼り替え金額の目安

壁クロスは住宅内で占める面積が広いだけに、貼り替えると住宅内がぐっと明るくなります。

費用のめやすは、1㎡あたり1000~1500円ほど。1室で10万円前後と考えておけばよいでしょう。

予算が厳しい場合は、全室にこだわる必要はありません。リビングのクロスを張り替えるだけでも、住まいの印象は大きく変わります。

入居前に一気に行うのではなく、住みながら少しずつ手を入れてバージョンアップしていくこともできますので、無理なくご自分に合った方法を検討してみてください。

(プロフィール)

北見久美子 きたみ・くみこ

CFP(ファイナンシャル・プランナー)&消費生活アドバイザー。個人相談数千件の経験を生かし、「ライフプランに生かすお金の活用法」など、全国各地で住まいに関する講演を行っている。雑誌などでも連載多数。主な著書に『親のお金の守り方』『助成金がわかる本』『50歳からのお金のきほん』などがある。日本FP協会会員。

ページの一番上へ