LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 17/06/07

住宅購入後、家電、家具、インテリアにどのくらいお金をかけるか?

2dc4e9815d68b3470803b7d5f222010d_s

家電、家具、インテリアにいくらお金をかけるか?

マイホームの予算をたてる時、予算にいれるべきお金は家の購入費用だけではありません。新しい生活に必要な家電、家具、インテリアを購入する費用、引越し代も予算に入れておく必要があります。

では、マイホームを取得した人が耐久消費財購入にどのくらいお金を使っているのでしょうか。住宅金融支援機構の調査によると次のような結果がでてきます。

新築戸建て:201万円

建売住宅:105万円

新築マンション:86万円

中古住宅:71万円

マイホーム購入後、おおよそ100万円前後、耐久消費財の購入に予算をみておいた方がよさそうです。

住宅購入後、何を購入するか?

当然、新しい生活が始まるからといって、すべてを新品にする人は少ないでしょう。

多くの場合「リビングが広くなるから、ソファやテレビは大きいものが欲しい」とか「カーテンやカーペットの色は統一したい」「電子レンジや冷蔵庫は使い慣れたものがいいし、来客に見られないので新居に持って行こう」など、インテリアや予算を考慮しながら判断していくことになります。

では、マイホームを購入した人はいったい何に、いくらくらいお金をかけているのでしょうか?

「住宅購入後、1年以内に購入したもののは何か」というアンケートのベスト10をあげてみましょう。()内は平均購入額を表しています。

①カーテン:58%(11万100円)

②照明器具:55%(8万3500円)

③ルームエアコン:37%(23万6500円)

④じゅうたん・カーペット:34%(2万7400円)

⑤ベッド・ソファーベッド:31%(12万7100円)

⑥テレビ:31%(13万9500円)

⑦応接セット30%(11万9300円)

⑧ふとん30%(4万1000円)

⑨冷蔵庫29%(13万6400円)

⑩食堂セット27%(10万7200円)

購入割合が高いのは、やはり生活必需品です。しかし、最も多いカーテンでも買い替えた人は6割弱。購入時に付いているケースもありますが、従来から使っているものをそのまま新居に持って行く人も少なくないことがわかります。

中にはマイホーム購入と同時に高額な買い物をする人も

ベスト10以外の購入内容を見ると、数としては少ないものの、マイホーム取得を機に高額の買い物をする人もいます。

たとえば、ピアノ2%(49万5000円)。「戸建てに越して子供にピアノを習わせたい」という希望を実現させたのかもしれません。

また、新居のエリアによっては乗用車が必要になるケースもあるのでしょう。調査では10%の人が新車(231万5800円)、6%の人が中古車(105万6700円)を購入しています。

また、絵画・美術品を購入した人も2%(18万9500円)います。マイホームにお気に入りのアートを飾りたいという気持ちが汲みとれます。

あなたはどんな購入プランを立てておられるでしょうか? 予算計画の参考にしてみてください。

ページの一番上へ