LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 16/08/29

戸建て vs マンション どっちが子育てしやすい?

20dd0142d3df7e9e63512dadbc30f8a9_s

子育て世帯が望む住まいとは?

「戸建てを買うか?」「マンションを買うか?」マイホームを検討し始める時、多くの人が悩むポイントです。特に、子育て世帯にとっては、子育てしやすさは、最も気になるところでしょう。

では、子育てしやすい住まいの条件とは何でしょうか?

首都圏の子育て世帯(3歳~12歳の子供をもつ親)を対象に行った調査(不動産情報サイト「アットホーム」)で、子育てを考慮して住まいを選ぶ際に重視する条件を聞くと、次のような結果がでました。

1位「日当たり・風通し」(80.5%)でダントツ1位。

2位「収納」(48.7%)

3位「耐震性」(48.5%)

4位「防音」(41.7%)

そのほか、セキュリティや駐車場、庭、子供部屋があることなどの声があがっています。

マンションで子育てすることのメリット

マンションは子育ての環境としても、さまざまなメリットがあります。主なポイントをあげてみましょう。

・安全性

住戸内がワンフロアで目が行き届きやすいこと。一般的に外部の不審者が入りにくい点も安心。

・コミュニティができやすい

同じ年頃の子供をもつ世帯が住んでいることが多く、親同士が仲良くなりやすく、家族ぐるみの付き合いも可能。困った時に助け合える関係ができると、住み心地は大きくアップする。

・仕事と子育てを両立しやすい環境

マンションは利便性が高い場所に建設されることが多いため、駅やスーパー、病院に行きやすいというメリットがあります。仕事で家事などの時間が取りにくい人には便利でしょう。また、子供が塾に通う時など、人通りが多いと防犯面でも安心感があります。

・子育て世帯をターゲットにしたマンションも

最近、大型マンションを中心に、子育て世帯向けに企画されたマンションが増えています。例えば、共用スペースに、ママ友が集えるラウンジ、キッズプール、子供が遊べる庭などさまざま。なかでも「キッズスペース」は多くのマンションに採用され、室内で音を気にせず伸び伸び遊ばせることができます。

なかにはマンション内に居住者優先の保育施設を設けているマンションもあります。

c8462419f444605c88058bec3aa22e2a_s

戸建てで子育てすることのメリット

戸建てにも、子育てをするためのメリットがいろいろあります。主なポイントは以下のとおりです。

・「子供の出す音」を気にしなくてすむ

戸建ての一番のメリットは音を気にしなくてもよいこと。マンションは周りの住戸に音の配慮をしなければなりません。「子供は元気が一番」と思いながらも、静かにするよう注意をしなければならないこともあります。その点、戸建てなら子供が音をたててもマンションほど気にする必要がありません。

また子供に楽器を習わせたい場合、戸建てなら近所への配慮は必要ですが、楽器の音を出すこともできます。

・収納が多い

子育て中は何かとモノが増えるので、広めの収納は必須。一般に、収納スペースは戸建ての方が多いです。

・庭がある

庭があると花や野菜を子供と一緒に育てたり、夏にビニールプールを広げたりできます。

・動物が飼える

最近はペット飼育OKのマンションも増えていますが、ほとんどの場合、ペットの種類、大きさに制限があります。戸建てなら自由にペットを飼うことができます。

・落ち着いた周辺環境

戸建ては郊外の静かなエリアに建てられることが多く、子供が遊べる公園も多くなります。

子育てというテーマに絞っても、戸建てとマンションには、それぞれメリット、デメリットがあります。

また、子育て世帯の住まい選びでは、子供をどんな環境で育てたいかということも大切ですが、自分たちが無理なく暮らしをエンジョイできることも重視なポイントです。

ページの一番上へ