LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 15/11/07

変動金利型の損得。変動派、固定派の言い分

money-256294_640

住宅購入の際に民間ローンを利用する人の中で、約84%が変動金利を選んでいるというデータがあります(FRK調査)。
変動金利を選んだ理由は「現在の金利が低いから」が最多となっていますが、変動金利を選択することが、得か、損かは、ローンを完済するまでわかりません。
専門家の間でも、意見がわかれるところですので、変動金利派代表の変動さん、固定金利派代表の固定さん、にそれぞれの主張を語ってもらいたいと思います。

(固定さん)

-変動金利は将来の金利が上昇すると危険だ!

固定金利を選択して、低金利のうちに金利を固定しておけば、将来金利が上昇しても、返済額が変わらないのでやっぱり安心。
変動金利は、もし、金利が急上昇したら、返済額が高くなり、月々の返済できなくなるかもしれないよ。
また、金利の状況をみながら、変動金利から固定金利に変更しようとしても、通常、変動金利よりも先に固定金利が上昇するので、最適なタイミングで金利タイプを変更するのは至難の業だよ。
やっぱり、固定金利を選択して月々の支払額を確定すると将来の不安がないよね。

(変動さん)

-変動金利は「5年ルール」「125%ルール」があるから安心だ!

でもね、変動金利には「5年ルール」、「125%ルール」というのがあるよ。
「5年ルール」は、急激な金利変動があっても 5年間は返済額は変わらず、月々の支払は一定に保たれるし、「125%ルール」は、金利上昇で、5年後に返済額の変更があっても、元から125%以上に返済額が増えることはないので、月々の支払ができないなんて大げさな。

(固定さん)

-ルールがあっても、結局、未払い利息で支払うことになる

いやいや、月々の返済が額は変わらないかもしれないけど、毎月の返済額の金利部分が増えて、逆に元本部分が減っているだけだよ。
元本部分の減りが遅くなっていくことになるよ。結局、調整できない金利上昇分は最後に一括で支払うことになるので、ルールがあっても全体でみれば同じだよ。

(変動さん)

ー未払い利息が発生しても対応できるし、ほとんど発生したことがない

歴史的にみて、未払い利息が発生したことはほとんどないし、将来、未払い利息が発生しても、その時には残債も減っているし、未払い利息が発生するほど金利が上がる社会状況になっていれば、インフレで賃金も上がっているはずだよ。
インフレになれば借入金が実質的に目減りするので、それほど大きな負担にならないよ。

(固定さん)

ー将来のインフレ懸念は消えない

発生していないのは、たまたま、今までがデフレだったからで、政府がインフレ政策を採っている今、将来どうなるかわからないじゃないか。 金利上昇と賃金上昇がかならずしも、同時に起こるとは限らないんじゃない?

と、まだまだ変動さん、固定さんの論争はまだまだ続きます。どちらかの主張に共感できたでしょうか?(T.S)

ページの一番上へ