LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 15/10/04

リフォームでいれてよかったNO1 浴室換気乾燥暖房機

drying_img_01
リフォームをして、いれてよかった設備、いれたけどあまり使わない設備がありますが、いくつかのアンケートをみて、必ずいれてよかった設備の上位に入っているのが、換気乾燥暖房機です。

換気乾燥暖房機は、冬のお風呂場の冷たさを緩和したり、入浴後のお風呂の乾燥を速め、カビの繁殖を防いだりします。でも、なによりも重宝されていることは、雨の日に洗濯物をお風呂場に干しておけることでしょう。

洗濯物を部屋干にしておくと、雑菌が繁殖して、いやなにおいがつくことがあります。また、リビングに湿気で充満したり、なによりも部屋の中に洗濯物がたくさんほしてあるのは見た目が悪いものです。雨の日に、お風呂場の中で換気乾燥暖房機を使い、洗濯ものを早く乾かせば、いやなにおいも押させられます

換気乾燥暖房機は、電気式とガス温水式があります。浴室を暖めるパワーはガス温水式に軍配があがります。ガス温水式は専用のガス給湯器が必要になますので、給湯器を同時に交換する必要があります。リフォームの場合、給湯器交換する分、コスト高になること、新しく給湯器からユニットバスまで換気乾燥暖房機用の配管を新しく取り回す必要があり。物件によっては設置が難しい場合があります。どちらかといえば温水式は、新築向きと言えます。

電気式も100Vタイプと200Vタイプがあります。ユニットバスが1.25坪(1620サイズ)など広い場合は、パワーがある200Vタイプを選びましょう。200Vタイプ場合、200Vの電気配線を分電盤からお風呂場までもってくる必要がありますが、古い分電盤でなければ200Vが分電盤まできている場合が多く、分電盤から換気乾燥機まで配線をもってくる工事は、比較的簡単にできることができます。

浴室換気乾燥暖房機は、メーカーによって様々な機能がついています。ミスト機能つき、冷風つきもあります。ただ、色々な方に聞いた感想では、ミストや冷風などの機能は、最初は使ったけど、あまり使わなくなってしまったということも多いようです。

気になる電気代や乾燥時間はどのくらいでしょうか?。乾燥時間は洗濯物の量や、開始時の乾燥の程度にもよりますが、2時間~6時間くらいです。電気代はおおよそ下の計算が目安となります。

1時間27円(大手電気会社の平均)、乾燥時の消費電力を2.5kwh、6時間使用を仮定すると。

2.5KWx6時間x17円=405円

雨の日にコインランドリーで乾燥するのと、費用は変わらないといえます。ただし、雨でも、晴れでも、乾燥の為に毎日のように洗濯物を乾燥するために長時間使用をすると電気代はかなりの額になりますので注意が必要です。

換気乾燥暖房機を設置する際、ランドリーパイプを2本設置すると、干せる洗濯物が多くなります。(たいてい標準では1本しかランドリーパイプはついてきません)。また、ランドリーパイプの受けを予備で設置し、浴室の奥側の邪魔ならない場所に設置すると、洗濯物を乾燥させない時には、ランドリーパイプを邪魔にならない位置にかけておくことができます。

いかがでしょう、お風呂場のリフォームを検討されるのでしたら、浴室換気乾燥暖房機を検討してみては?。(T.S)

ページの一番上へ