LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 15/10/12

リノベーション物件の魅力とは?

luggage-930804_640

「新築にはこだわらないけれど、住み心地は妥協したくない」という人は多いでしょう。そんな人におすすめの一つがリノベーション物件です。リノベーション物件とは不動産会社など住まいのプロが中古物件を買い取って、価値や機能を丸ごと再生して販売するものです。柱や梁などの躯体部分を除き、間取りから内装、設備に至るまでほとんどが刷新され、住み心地も付加価値もアップした物件が多くみられます。その魅力を具体的にご紹介していきましょう。

新築と中古のイイトコ取りができる

リノベーション物件のメリットは、なんといっても新築物件並みのクオリティと中古物件のメリットの両方を享受できることです。

●時代に合った間取り・内装・設備

時代やライフスタイルの変化に伴い、住宅の形や性能も進化しています。リノベーション物件なら広びろとしたLDKや床暖房、調湿性の高い壁材など、現代に合った間取りや内装が手に入ります。設備面でも、水回りの配管など見えない部分も改修されていることが多く、安心して暮らすことができます。

●立地のよい物件を手に入れやすい

中古住宅の魅力の一つは立地の良さ。人気エリア、都心に近い、複数駅が利用可能など、新築では取得がむずかしい住まいを手に入れやすいと言えます。

●住人やコミュニティの雰囲気がつかめる

すでにコミュニティができ上がっているので、購入前に住環境の雰囲気が合うかどうかを確かめられます。

●質が高くて、リーズナブル

新築並みのクオリティの物件を、リーズナブルな価格で取得することが可能です。ただし、リノベーションの工事費用も含まれているため、その分通常の中古物件よりは高めです。

●すぐに入居できる

自分で工事をする必要がないので、購入後すぐに入居できます。

リノベーション済み物件VS自分でリノベーション、どっちが経済的?

次に、リノベーション物件と自分でリノベーションを行った場合では、どちらが資金的にメリットがあるか見てみましょう。

●資金計画の立てやすさは?

自分で行う場合、住宅の購入費用とリノベーションの工事費用の両方を検討して資金計画を立てる必要があります。一方、リノベーション物件は工事費を考える必要がないため、シンプルで資金計画が建てやすいというメリットがあります。

●住宅ローンの手続きは、どちらがしやすい?

リノベーション物件の購入費用は、通常の中古住宅と同様に住宅ローンを利用できます。しかし、自分で行う場合、購入資金は住宅ローン、リノベーション資金は利息の高いリフォームローンの2本立てにするのが一般的です。最近では、2つの資金を一緒に借りられるリフォーム一体型ローンも登場し、人気を呼んでいます。

しかし、一体型ローンを利用するには、ローンの契約をするまでにリフォーム契約(または見積り)を終える必要があり、工事業者の決定や打ち合わせなどでスケジュールはかなりタイトになります。

●諸費用が安いのは?

通常、中古物件の価格には消費税がかかりませんが、リノベーション物件には消費税が付加されるのが一般的です。これは、中古物件の売主が個人であるのに対し、リノベーション物件の売主が不動産会社などの業者になるからです。

購入するときは、リノベーションの内容をよく確認しよう

リノベーション物件には、一定の基準があるわけではなく、内容は多種多様です。そのため、広告に「リノベーション済み」と書かれていても、壁・床・建具・設備など表層的な部分を新しくしただけというケースもあります。

購入を検討する際は不動産会社に、リノベーションで改善された内容を確認すること。そして、あなたのライフスタイルに合うかどうかを十分に検討することが大切です。

ページの一番上へ