LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

あんしん住宅購入術
LINEで送る

更新日 : 15/06/30

不動産業界のイメージって、そんなに悪い?(おうち閑話)

ƒvƒŠƒ“ƒg

こんにちは、LIXILリアルティのT.Sです。みなさん不動産業界のイメージってどんな感じでしょうか?。不動産流通推進センターが行ったアンケートを紹介してみましょう。

不動産業界イメージに対するアンケート

・「ものすごく営業されそう。不動産の価値が客には分からない場合が多いので、どこまで彼らが利益を得ているのかがグレー 」

・「軽くて、したたかなイメージ」

・「店に入りづらい、しつこそう」

・「利益の上げ方が不明瞭、暴利を上げていそう」

(ベンツ、ロレックスのイメージでしょうか?)

総じて非常にブラックなイメージですね(泣)。私の知っている不動産会社さんは本当にいい方ばかりなんですが・・。アンケートの意見をまとめると「店に入りにくい」「信用できなさそう」「暴利を貪ってそう」の3つくらいになりそうです。今日は皆さんの誤解を解いて、安心して不動産会社さんに相談していただけるようなお話をしたいと思います。

実は、売買仲介をする不動産業者が得られる手数料は法律できっちりと上限が決められています。売買価格の3%+6万円が上限となっております。例えば3,000万円の物件を仲介したとすると96万円(税抜)が仲介手数料の上限となります。もし上限を超えてお客様に請求をした場合は、罰金(個人、法人とも)や1年以内業務停止、更に情状が重い場合は免許が取り消され営業ができなくなります。私は以前は他の業界で働いていたので、不動産業界に入った時は「他の業界と比べても非常に厳格だなぁ」と感じました。

「軽くて、したたか」など不動産会社の営業マンは嘘八百をついて営業するイメージがあるかもしれません。しかし、不動産会社が宣伝に使える言葉も法律で制限されています。例えば「日本一の眺望」や「極上のマンション」などは客観的な事実に基づいていない表現とのことで、使うと法律で罰せられます。「日本一の眺望」だと以前ブログに書いた北浜タワー(54階209.4mで日本一高いマンション)であれば、客観的事実がある為、使用できるかもしれません。(世界一の高層ビル、高層マンションはどこにある?

この他にも、不動産会社を規制し、消費者を保護する為の法律はたくさんあります。また不動産会社はこれらの法律をしっかり守っています。(守らなければ営業できません)。どうでしょう?、すこしは不動産業界のダークなイメージは緩和されたでしょうか?(T.S)

ページの一番上へ