LIXILリアルティ.comスマートおうち探し

住宅購入基礎知識
LINEで送る

更新日 : 14/09/22

中古住宅購入の流れ

「家を買おう!」と思ったら、何から始めればよいのでしょう。
中古住宅購入の基本的な流れを簡単にまとめました。まずはおおまかなイメージを
もってみてください。
無料でダウンロードできる「あんしん住宅購入術」でさらに詳しい内容、各ステップの注意点が書かれていますので是非ご活用ください。

1.希望・条件を整理する
住みたい地域、住みたい住宅(戸建て、マンション)、広さ、間取り、など希望条件を整理します。最初から条件を絞ると選択肢が狭くなりますので、最初は少し広めに条件を設定しましょう。

2.予算を決める
インターネット、情報誌等で情報収集します。自分の希望の条件に合う物件をチェックし金額の相場感をつかみます。また住宅購入費、諸経費、リフォーム費用で使える金額を検討し資金計画を考えます。ローンの利用も検討しましょう。

3.不動産会社を探す
希望の住宅を探してくれる信頼できる不動産会社を探しましょう。レインズ(注)より不動産会社間の情報に大きな差はありませんので、親身になって家探しを手伝ってくれる営業マンがいる不動産会社を探しましょう。

(注)全国の不動産会社が利用できる不動産情報のネットワークシステム

4.住まいを探す
インターネットのポータルサイトに掲載されている物件がすべての情報ではありません。不動産会社は前述のレインズにより一般の方では見られない情報を持っていますので、あなたの希望条件を伝え、不動産会社の営業マンにアドバイスをもらいましょう。

5.内見する
気に入った物件が見つかったら、不動産会社から、売主側の不動産会社に連絡をとってもらい、内見の手配をしてもらいます。実際に物件を見て希望条件に合うかを確認しましょう。

6.購入の申し込みをする。
購入したい物件が見つかり、購入条件を決めたら不動産会社を通じて購入の申込みを行います。この時、買付証明書を売主に提示することによって、いくらなら買うという意思表示をすることになります。

7.建物診断の申し込みをする。
建物診断を希望される方はこの段階で建物診断ができるかを売主に確認します。OKなら検査機関に診断を依頼しましょう。

8.条件交渉を行う
希望の購入価格で契約が成立しない場合は、購入希望価格を上げるなどの交渉を不動産会社を通じて行います。また引渡し時期、手付け金の額など物件価格以外の条件交渉も同時に行います。

9.ローンの審査を受ける
売買交渉で条件の折り合いがついたら、金融機関を選び、ローン審査を受けます。 
リフォームする場合は費用を自己資金でまかなうのか、物件価格+リフォーム一体化
ローンを使うのか、リフォームローンを使うのかも検討もしましょう。

10.「既存住宅瑕疵保険」や「ローン減税」を検討する場合
「既存住宅瑕疵保険」は引渡し後に発見された欠陥に対する修繕費を一定期間カバーする保険です。「既存住宅瑕疵保険」がつけられれば、築年数の古い物件でも「住宅ローン減税」の適用が受けられる場合があります。事前に不動産会社に相談してみましょう。

11.売買契約を結ぶ
売買契約を結ぶにあたり、事前に不動産会社から重要事項説明をうけます。
契約内容は売主と買主の間で自由に決めることができます。必ず自分で内容をチェックしましょう。また取り決めた額の手付金を売主に支払います。

12.住宅ローン契約を結ぶ
住宅ローンを利用する場合、 契約前に金融機関と保証会社による審査を受けます。融資が承認されると、正式に住宅ローンの契約を結びます。

13.引渡し
買主は引渡し時に残金、諸費用を支払います。住宅ローンを利用する場合は引渡し時に融資が実行され、残金の決済を行います。同時に司法書士に依頼し所有権移転、抵当権設定の登記を行います。

14.リフォーム
リフォームは引渡しが終わってから行うことになります。
引渡し後すぐにリフォーム工事に入れるように、リフォーム業者の選定、リフォーム工事の請負契約は物件の売買契約と並行して進めておきましょう。

ページの一番上へ